妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

でも男性側が実践できる妊活もあるのです。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性の問題ばかりでなく、男性にあるというケースもあるわけです。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
二児の母です。
妊活をしていた時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
長男が生まれていましたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けを実践していました。
その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別が分かるまでは少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは大変密接に関わりあっています。
それはつまり、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。
この話は当然、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。
妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中には十分に葉酸を摂るように注意してください。
妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。
実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。
葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。
あるいは、野菜も代表の一つですね。
食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が調理の際の加熱でその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
葉酸を多く含む食べ物ですが、果物では、イチゴ、ライチに多いことが発表されています。
それ以外では、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。
十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良いですね。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。
胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普段の食事にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。
ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、いくつかの種類がありますし、大抵の商品が葉酸だけではなくカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分が入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですね。
この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。
また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。
ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。
妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。
これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮の状態を改善して着床しやすくし、それだけで妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。
それに、血液が増えると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、不妊治療に役立つのです。
スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に欠かせない栄養素を含むので、毎日の食事でとっていきたいものです。
しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、様々な食品群の中から栄養を摂ることが妊娠にも産後にも有効です。
一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。
妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。
これらのお茶はカフェインが入っていません。
いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。
中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できると言われていますので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
こちらもどうぞ>>>>>葉酸サプリで効果的に不妊症を治療する