大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。
赤ちゃんが健やかに育つように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸不足に陥らないようにしてください。
ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。
厚生労働省の発表によりますと1日あたり葉酸0.4mgです。
さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。
これを野菜だけで摂取するのはあまり現実的ではありません。
ですから葉酸サプリを利用することをお勧めします。
友人は妊娠したいと話していた頃に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。
彼女が言うには体質から変えたい、と考えているようでした。
漢方なら、妊活中でも安心感があると思います。
漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。
妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
普段の食生活では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。
葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも販売されています。
サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。
それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。
しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、偏らない食事にするのが理想であることは間違いありません。
また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、産後までは我慢したほうが良いですね。
皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。
葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。
正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。
葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。
とはいえ、母体の健康維持を考える上でも欠かせない栄養素なんですよね。
こうした点から、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。
皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。
それというのも、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。
言うまでもありませんが、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。
実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。
ですから、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けることをお勧めします。
適切な葉酸の摂取の結果、胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが明らかになりました。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が勧告しています。
実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も少なくありません。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。
では、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。
葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。
ですから、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天異常を発症する可能性があると報告されています。
また、ダウン症予防の有効性も認められているので、より積極的な摂取が求められます。
不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的な疲労も相当なものです。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る場合がほとんどです。
私は40歳以上の人こそ支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。
私はもうじき40歳ですし、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、落ち込むことが多くなりました。
もっと詳しく⇒妊活用の葉酸サプリがお奨めです