手術を受けたことがない方

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。
どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。
人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。
腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。
鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。
そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>歯の汚れを取る方法