歯がうずく

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。
最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。
安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。
技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。
他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。
治療が終わっても、ずっと定期検診があることも念頭に置きましょう。
重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
おすすめサイト>>>>>ホワイトニング用の歯磨き粉

コメントを残す